2011年08月19日

育毛にはノンシリコンのシャンプーを

最近ノンシリコンシャンプーに注目が集まっていることをご存知でしょうか?

シリコンが入っていることで、髪がコーティングされてツヤが出やすいことから、市販のシャンプーのほとんどに使われていますが、これがあまり頭皮にはよくないらしいです。
育毛シャンプーの成分を見ると大体”ノンシリコン”と書いてあることからもわかります。

そもそも育毛シャンプーを使っていれば、頭皮や髪に優しい成分が入っているので安心ですが、髪の艶を気にするような女性の方が意外と無頓着に添加物の入ったシャンプーを使って髪を傷めていることがあるので要注意です。

メーカー名や可愛さよりも、中身重視!
自分が使っているシャンプーの成分には気をつけてチェックしていきましょう。

最近のノンシリコンシャンプーは、通販だけでなくドラッグストアやスーパーにあるものも出てきているようです。
一番簡単なのは美容院で聞くことですが、手軽なのはやはり通販になるのかもしれません。

口コミなどを参考に自分に合ったノンシリコンシャンプーを探してみましょう。

【関連する記事】
posted by ikumou at 22:00| 育毛シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

育毛シャンプーの効果

最近は、ただ育毛剤をつけるだけでなく、頭皮のケアを考えた育毛シャンプーを使った育毛が人気です。
例えば吉本芸人が育毛プロジェクトに挑戦している薬用スカルプDシャンプーなどですね。

育毛シャンプーは普通のシャンプーのように髪の毛の汚れを落とすというだけでなく、頭皮(スカルプ)ケアに注目したシャンプーのことです。

加齢やストレス、生活習慣など色々な原因から頭皮が荒れて毛根に悪い影響を与えているのを解消するために使用します。
また、フケ・かゆみ、白髪、細くなった髪を丈夫で太い髪の毛に戻す作用もあるようです。

荒れた頭皮に育毛剤を塗っても内部まで浸透せず、いくら待っても髪が生えないというジレンマを無くしてくれます。
頭皮を正常な状態に戻しながら育毛効果のある成分を染み込ませるというのが育毛シャンプーです。

AGAなどの男性型脱毛症だけでなく、女性や頭皮の悩みなどオールマイティに効くものが多いようです。

自分の頭皮の状態や悩みに合わせて育毛シャンプーを選びましょう。

育毛シャンプーも育毛剤と同じで、半年〜のヘアサイクルに合わせて効果を検証するべきです。
育毛シャンプーだけでも育毛効果はありますが、自分に合うものが見つかったらシリーズで育毛剤も使用してみるとより効果が高まるでしょう。
posted by ikumou at 00:57| 育毛シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

育毛剤の比較

自分に合う育毛剤を探し続けている人も多いでしょう。

誰でも今使用している育毛剤よりもより育毛効果があるものを探しているはずです。


育毛剤の比較には時間がかかります。

髪が生えかわるサイクルは約半年と言われているので、半年程度は一つの育毛剤を使ってみないと正確な効果についての判断はできません。

また、シャンプー方法、生活習慣、ストレスなど抜け毛には色々な要因がありますので、例え育毛効果があるように感じたとしても、使用している育毛剤だけの効果と結論づけにくいのです。


育毛剤を選ぶ目安としては、育毛効果についての口コミ情報や販売店のデータを参考にするしかありません。

信頼のおける販売店で購入し、半年は使用してみましょう。

口コミ情報を見る時は、髪質や年齢、生活習慣などが似ている人を探してみるのも良いでしょう。
ラベル:比較 育毛剤
posted by ikumou at 22:42| 育毛剤について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

抜け毛予防の洗髪

シャンプーをするとどうしても頭髪が抜け落ちますが、シャンプーで髪を洗う回数を減らしたところで抜け毛を防げるわけではありません。

抜け毛を減らすためには、正しいやり方での洗髪と頭皮のケアを心がけることが大切です。


@お湯の温度に気をつける

熱すぎるお湯で髪を洗うと髪が痛みます。
40度位に保つようにしましょう。


A洗い方

爪は立てず、指の腹で頭皮をマッサージするように頭髪を洗います。
直接頭皮にシャンプーはつけないようにしましょう。

お湯で薄め、泡立ててから使用します。

シャンプーは使いすぎないように気をつけましょう。
お湯で髪を洗うだけで、大きな汚れは落とすことができます。


男性は力を入れてシャンプーをしがちですが、あまり力を入れて洗うと頭皮にダメージを与えるので気をつけましょう。

また、シャンプーのすすぎ残しがないように十分に洗い流します。

リンス・トリートメントは頭皮に直接塗り込まず、髪の毛にそっと塗りこみます。


B乾かし方

抜け毛防止のためには、ドライヤーを使う時は完全に乾かさず8割くらいを目安に。

逆に洗髪後髪を濡れたままにしておくと菌が繁殖しかねないので、自然乾燥させずにすぐに乾かすようにしましょう。
posted by ikumou at 15:22| 抜け毛の原因と防止策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

抜け毛と食事

毎日の食事も抜け毛に関係しています。

毛根に送られてくる栄養分を元に、髪の毛は生み出されているからです。

ファーストフードやインスタント食品など偏った食事をし続けている場合、頭髪に栄養がいかないために抜け毛が増えることがあります。


ではどのような食事が頭髪に良いのかというと、ミネラルの含まれる海藻類や抗酸化物質をとるための野菜や果物になります。

良質のタンパク質摂取を基本として、糖分や脂肪は適度に摂るという体に良い食事が抜け毛にも良いということです。


飲酒にも注意が必要です。

ほどほどの量は血行促進作用があるため、抜け毛防止にも有効と言われていますが、飲み過ぎは髪の成長を妨げ、抜け毛の原因にもなってしまいます。


体の健康を保つことで健やかな頭髪を保つことに繋がっているのです。
ラベル:抜け毛
posted by ikumou at 01:00| 抜け毛の原因と防止策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

抜け毛の原因

髪の毛はそれぞれ寿命を持っていて、健康な髪は3〜6年ほどの周期で伸びては抜け、また新しく生えるというサイクルを繰り返しています。

頭髪の抜け毛は、このヘアサイクルに変調をきたし、毛が抜けた後に新たな毛が生えてこないことによって起こります。

毎日頭髪は抜け落ちるものですが、一日に100本を越えるほど抜け毛がある場合は、何らかの対策を講じる必要があるかもしれません。


抜け毛の原因の1つは遺伝です。

どちらの親もともに髪が薄い場合や、母親の髪が薄い場合、その男性の子供はほぼ確実に抜け毛になると言われています。


また、誰でも年齢を重ねることで頭髪の抜け毛は増加していきます。


早いうちから抜け毛の対策をとっていれば、何もしなかった人と比べて年をとった時に差が出るでしょう。



頭髪の抜け毛の原因は1つではなく、フケによる頭皮の炎症、毛根への血流不足や栄養不足、皮脂の過剰分泌による負担、また最近では過度なストレスといった精神的なものまでが影響していると言われています。


抜け毛の原因を見極め、自分に合った対策を生じることが必要になってきます。

自分の抜け毛の原因がよくわからない、市販の育毛剤に効果を感じない場合には専門のクリニックなどで相談してみてもよいかもしれません。
ラベル:抜け毛
posted by ikumou at 17:46| 抜け毛の原因と防止策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。